クリスマスプレゼント

クリスマスプレゼントは何が良いかを考える。

クリスマス

 メリークリスマス、と言葉をかけてクリスマスを祝う。
 漢字圏の中国や韓国では、聖誕を祝う。世界ではそうであるように、クリスマスの時期が来れば、当たり前のように街のあちこちにサンタさんやメロデイが流れる。
 恋人同士はブレゼントをするのに何がいいかなーと考えるだろう。
 家族に何を買おうかとか、日頃にお世話になっている人たちにもとうぜんのようにクリスマスのプレゼントを考える。
 お菓子を考えるにも、チョコレートしても一点豪華な高級品がいい。
 しかし、小粒ながら何とも言えないほどの美味な数多くのチョコも素敵だ。 キャンディについても日頃は、口にできないような貴重で高価なものを選び、年に一度のクリスマスプレゼントにしても良い。
このように、ゆっくりと確かな素敵なプレゼントやお菓子など見つけるには、ネットサイトは断然にすぐれている。この地球上に何百という国があり文化があり、人々が暮らしているようにお菓子の世界もは種類が豊かのほうがいいだろう。
 ネットサイトには色々な種類のお菓子が掲載されており、安心して買えるでしょう。

クリスマスプレゼントは誰のために買うのかを考える。

クリスマスプレゼント

 クリスマスお菓子の購入は、誰のために買うのかによって当然、選ぶお菓子も変わってくる。
 自分のためなら欲しい物を求めて突き進むように選ぶのだが、自分以外のためなら相手の顔を浮かべ好みはどうかと考えながら買い物をするだろう。
 わたしはアルコールは好きだが、昔から甘い飴やチョコレートも好きである。
 最近は体のことも考えて甘さを抑えたものを嗜むようにしている。
 そうはいっても世の中は健康志向が強いので全体に甘さを抑えている。
 この甘さというのは文明度を示しているようで発展がまだまだこれからだという新興国では、やたらに甘いケーキやお菓子に人気があり、好んで食べているようだ。
 だからひそかに食べ物の甘さにその国の文明度が現われているとの考えを抱いている。
 クリスマスのお菓子を女性に贈るなら、きれいな箱に可愛いリボンが結ばれているほうがいいだろう。
 食べ物と贈り物にはそれなりのこだわりと哲学に近い考えをもっているに違いない。
 だから贈り物を受け取る方も、贈り主の人格や考えをその品物から感じ取って相手の品定めをする。
 “たかがクリスマスプレゼント、されどクリスマスプレゼント”なり。
 このようなことで歳末の街を駆け巡ることになる。

 

クリスマスにサンタさんがやって来た。